新型コロナウイルス感染症の感染の拡大を防止するため、飲食店、喫茶店その他設備を設けて客に飲食をさせる施設において必要な備品を設置した事業者を対象に、かかる費用の負担軽減に資する支援金が支給されます。

〇 大阪府飲食店等感染症対策備品設置支援金

  • 対象施設
    支援金の支給対象施設は、以下の1から5の全てを満たす事業者です。

1.大阪府内に【対象施設(店舗)一覧表】に記載の対象施設(店舗)(以下「店舗」という)を有すること。
2.申請する店舗において、食品衛生法上の飲食店営業又は喫茶店営業に必要な許可を取得していること。
3.申請する店舗において、感染拡大予防ガイドラインを遵守しているとともに、感染防止宣言ステッカーを登録及び掲示していること。
4.申請する店舗において、営業実態があること。
5.申請する店舗において、アクリル板等のパーテーション(以下「パーテーション」という)やCO2センサーの購入及び設置が完了していること。

  • 対象備品
    令和2年4月7日から申請日までの間に購入・設置された以下の備品及び費用

1.隣席または向かい合う人との飛沫感染防止のためのパーテーション
例:アクリル板、ポリカーボネート板、発泡パネル、フロアカーテン等
2.店舗の換気状況を把握するためのCO2センサー(1店舗あたり上限3個)
3.対象備品の購入及び設置に要した費用(送料、設置費等)
※同一の領収書に記載があるなど、対象備品の購入及び設置に要した費用であることが明確な場合に限ります。

  • 支給額
    令和2年4月7日から申請日までの間に購入・設置された、対象備品(パーテーション、CO2センサー)の購入・設置にかかる費用(税抜き)※ただし、1店舗あたり上限10万円。
  • 申請期間
    令和3年5月20日(木曜日)から7月30日(金曜日)まで。
    原則、オンライン(「大阪府行政オンラインシステム」)申請となります。

その他詳細については大阪府飲食店等感染症対策備品設置支援金 ページをご確認ください。